2007年02月20日

≪探偵学士の将来性≫

 現在、民事裁判件数が増加の一途を辿り、アメリカ並みの訴訟社会がもうじき訪れるのではないかとも予想されています。そんな中で、証拠集めなどの活躍できる職業が探偵業です。

 探偵学士は探偵としての基礎的及び専門的な知識・技術を修めた証としての資格ですので、このような社会においては、探偵学士の資格の必要性はますます強まっていると言えます。また、探偵を開業する気は無くても、探偵としての情報収集技術や情報を整理しわかりやすく報告書にまとめる技術等は幅広く役に立ちますので、無駄になることは無いでしょう。




※ ここで表記されている平均年収や給料額は、インターネット上の求人情報サービスや平均年収や給料額に言及している職業情報サイトなどの情報をまとめて、おおよその平均年収額や給料額を概算した数値です。また、平均値ですので就職してすぐにこの平均年収や給料額になるわけではない事をご承知ください。




posted by 資格の真相【経営・ビジネス系資格編】 at 12:15 | 探偵学士の将来性