2007年02月20日

≪探偵調査士・企業経営診断士の将来性≫

 探偵調査業界は、資格独占の業界ではないため、テレビや雑誌の影響で探偵をやってみようと思った人や、フランチャイズ方式での探偵業に加入する人、短期間の探偵講義を受けただけで開業する人など、基本的な能力も備えずに始める人も多い業界です。

 そのため、悪徳業者などの参入が後を絶たず、信頼できるという事をお客に証明することが難しい仕事でもあります。その一つの手段として日本探偵調査協会が発行する探偵調査士・企業経営診断士の資格があります。
 やはり、こういった資格を取得してるという事実は、探偵の技術をきちんと持っているということを形として示す有効な手段の一つです。探偵調査士の資格は、お客との信頼関係の第一歩を築くきっかけとして、十分に活用できると思います。




※ ここで表記されている平均年収や給料額は、インターネット上の求人情報サービスや平均年収や給料額に言及している職業情報サイトなどの情報をまとめて、おおよその平均年収額や給料額を概算した数値です。また、平均値ですので就職してすぐにこの平均年収や給料額になるわけではない事をご承知ください。




posted by 資格の真相【経営・ビジネス系資格編】 at 12:21 | 探偵調査士・企業経営診断士の将来性