2006年09月09日

≪税理士の将来性≫

 税理士にしか認められていない独占業務には、企業や個人事業主に代わって税の申請、請求、不服の申し立てなどを行う税務代理、税務申告書や申請書など税無関係の書類の作成、さまざまな税務関連相談に専門家としてアドバイスする税務相談などがあります。この辺りはニーズとして安定した需要があり、税理士の必要性が減少する自体は、まず考えられません。

続きを読む


posted by 資格の真相【経営・ビジネス系資格編】 at 00:33 | 税理士の将来性